クラビ(Krabi)



基本情報

クラビの地図

バンコクから南へ814キロ(プーケットから176㌔、スラタニーから211㌔)のところに位置する、面積4,707K㎡のクラビ県は、北はクラビ県とスラタニー県、南はトラン県とアンダマン海、東はトラン県とナコンシータマラート県、西はクラビ県とアンダマン海にそれぞれ接しています。全体は、ムアン(Muang-クラビタウン)、カオパノム(Kao Panom)、クロントム(Klong Tom)、プライプラヤ(Plai Praya)、コランタ(Ko Lanta)、アオルーク(Ao Luk)、ラムタップ(Lum Tap)、ヌアクロン(Neua Klong)の8自治区に分かれており、美しい島々やヤシの木々が生い茂るビーチ、森林の中の滝、洞窟などの見所は、それぞれの地区に凝縮されています。クラビは農業に大変適した土壌を持っており、ゴム、ヤシ、マンゴー、ココナッツ、コーヒーなど、様々な植物が成長し、実をつけています。アンダマン海へ注ぐクラビ川やパカサイ、クラビヤイ、クラビノイなどの運河、パノムベンチャ山からの流れは、それらの植物にとって恵みの水であり、この地の人々の水源となっています。

気候
アンダマン海に浮かぶ島々を訪れるのに最もいい時期は、11月~4月です。特に11月は、年間で最も涼しく、日中の気温が28~30度、さらに夜は5~7度下がります。気温の変化は、11月以降、5月までは気温が徐々に上がり、1月は30~33度、そして4月には35~37度にまで達します。その後、5月~10月のモンスーンシーズンは、気温が徐々に下がります。この時期は波が高くなる為、遊泳には適しません。天候の変化は、宿泊施設や交通機関にも影響が出ます。島内のほとんどの小さなリゾートは、観光客が少ないシーズン(5月~)になると、営業を一時的に休止します。またボートの運休により、ピピ島のような主な観光地以外は、観光客が訪れることはできなくなります。

交通
① 飛行機
バンコクから毎日タイ航空の直行便が運航しています(1便)。所要時間は、約1時間20分です。
便数の多いバンコク~プーケット間のフライトとプーケット~クラビ間の陸路を組み合わせる方法もあります。プーケット~クラビ間の所要時間は約3時間です。
②バス
バンコクの南バスターミナルから、毎日VIPバス、エアコンバス(ファーストクラス、セカンドクラス)が数本ずつ運行しています。所要時間は、約12時間です。
※列車は通っていません。

観光ポイント

主な見所 ムアン  ピピ諸島  アオルーク  カオパノム  アンペークロンタン  ヌアクロン  ランタ

ホテルクラビのホテルリスト  ピピ島のホテルリスト

ムアン(クラビタウン) Amphoe Muang (Krabi Town)
カナップナム山(Khao Khanap Nam) Amphoe Muang---2つの小高い丘は、その間を流れるクラビ川と独特の眺望から、クラビタウンのランドマーク的存在として親しまれています。チャオファー船着場からロングテールボートに乗って約15分で辿り着きます。そこから階段を上ると、そこには鍾乳と石筍の洞窟があります。以前そこで多くの人の骸骨が発見されました。かつてこの一帯に家を持って生活していた人々は、洪水によって住処を失い、そして命も落とした、と推測されています。

タムスアカオケオアオルクタヌ僧院(Tham Sua Kao Kaeo Ao Luk Tanu Monastery)---「タムスア」はトラの洞窟を意味します。そしてこの名前は、ここにかつて大きなトラが住んでいたことに由来します。トラはアオルクタヌ山(ケオ山)のふもとを歩き回っていました。洞窟の中にはトラの手足を思わせる岩があります。外側は、僧院を取り囲むキリウォン山の山ひだの中で育った樹齢何百年の大きな木々が森林を成しています。このエリアは、先史から有史への流れを知る上で特に考古学者にとって興味深い側面を持っており、多くの石具や陶器などが発見されています。

ノパラットタラビーチ(Hat Noppharat Thara)---中心部から西へ18㌔のところに位置している、カジュリナ並木が美しい静かなビーチです。かつては、北からの山水がここに辿り着く頃には殆どかれてしまい、ビーチからカオパッククロン島まで歩けるほどでした。そのためクロンヘンビーチ(水の乾いたビーチ)とも呼ばれていました。現在は、特に遊泳や日光浴を楽しみたい人々に人気があります。

サデット洞窟(Tham Sadet)---クラビタウン中心部より約7キロのところに位置する、鍾乳と石筍の美しい洞窟です。1909年にラマ4世が即位前にここを訪れました。タムサデットは、タイ語でかつての皇室旅行の意味があります。

サケオ(Sa Kaeo)---クリスタル泉とも言われる8つの大小異なる泉です。それぞれ、ナムロッド(Nam Lod-流れる水)、チャ-ンカオ(Cherng Kao-谷)、ジョラカオ(Jorakeh Kao-白いワニ)、ナムティップ(Nam Tip-天の水)、ナムクラーム(Nam Krahm-藍色の水)、マラコット(Marakot-エメラルド)、フンケーオ(Hun Kaeo-吠える鹿)、ノイ(Noy-小さい)という名前が付いています。

アオナン(Ao Nang)---石灰岩でできた見た目の面白いこの湾は、人気の観光地の一つです。中でも有名なビーチは、アオナン、ライレイ、クロンムアンです。アオナンビーチ~ライレイ、クロンムアン間は道が遮断されているため、移動にはロングテールボートを利用します。ライレイビーチ行きの船は、クラビタウンのチャオファー船着場とアオナンの2つの船着場(ビーチ又はアオナンマオ)から毎日頻繁に出ています。この他アオナン地区には、カイ島(Ko Kai)、タップ島(Ko Tap)、モー島(Ko Mor)、パダー島(Ko Padah)などの島が点在しており、周囲を取り囲む海は透明度が高く、カラフルな魚の群衆が見られます。ダイビングにお勧めです。

アオナンビーチ---小さな漁村であったアオナンは、近年国際的なリゾートとして発展しました。旅行社や宿泊施設もこの地域に集中しているので、大変便利です。ダイビング、カヤック、トレッキング、島巡りなど、さまざまなアクティビティーを楽しめます。

ライレイビーチ---石灰岩の崖と金砂の海岸線が特徴的なライレイは、アオナンからボートでわずか10分、クラビタウンからは約30分のところに位置しています。ライレイはタイの主要なロッククライミングスポットです。崖の頂上から眺めるライレイ湾やクラビの町並みの景観はすばらしく、特に太陽が沈む頃光が岩に照らされる光景は格別です。ライレイビーチはライレイウェスト(サンセットビーチ)とライレイイースト(サンライズビーチ)と2つのビーチからなります。タイの中でも有数の美しいビーチに挙げられるライレイイーストは、遊泳やスノーケリングに適しています。ロッククライマーの集まるライレイウェストは、ビーチフロントのバンガローやレストランなどが充実しています。太陽が崖に反射する夕暮れ時の絶景を楽しめるのはここです。

クロンムアンビーチ---クロンムアンはアオナンからほんの岩を隔てただけのところに位置しながら、未だ手付かずの自然が残っています。高級リゾートからこじんまりとしたバンガローまで宿泊施設は次第に増えつつあります。

ファイトー滝(Namtok Huay To)---この滝は11階層に分かれており、それぞれの下にプールがあります。そのプールにはそれぞれ名前が付けられており、よく知られているものにワンテワダ(Wang Tewada-天使)、ワンソック(Wang Sok-歳)、ワンジャン(Wang Jan-大皿)があります。

ピピ諸島(Mu Ko Phi Phi)---名前はマレーに由来しており、もともとは「Pulao Pi ah Pi」であり、「Pulao」はマレー語で島を意味します。「ah」はいつしか発音されなくなり、現在の「Pi Pi(又はPhi Phi)」へと至りました。全体の面積35k㎡のピピ諸島は、ピピドン(Phi Phi Don)、ピピリー(Phi Phi Ley)、ビダノック(Biddah Nok)、ビダナイ(Biddah Nai)、ユン(Yung)、パイ(Pai)の6つの島からなります。この諸島は、1983年に国立公園となりました。詳しくはこちら

ピピ島/Ko Phi Phi ピピ島の地図
ピピ島(ピピリー、ピピドン)は、本土からボートで1時間15分~3時間(乗船場所やボートの種類により異なる)で辿りつきます。この島は、海の透明度が高く、また波はとても穏やかなので、スキューバダイビング、スノーケリング、カヌー、ヨットなど、あらゆるマリンスポーツに適しています。また静かなビーチ沿いに建つリーズナブルなバンガローが多く、長期滞在の方にも嬉しい環境です。

ピピリー(Phi Phi Lee)---わずか6.6k㎡のピピリーは、岩の斜面や崖、素朴なビーチが特徴の小さな島です。周囲の海の水深は、平均20メートル、もっとも深い地点で34メートルにも達します。ピピリーには、ピレー、マヤ、ローサマーなどの美しい湾があります。島内で特に有名なのは、北東にあるバイキングケーブです。この洞窟は、1972年にラマⅣ世が訪れたことでも知られており、一部の丸岩の形が仏教神話に出てくるナーガの頭に似ているということからタムプヤナック(Tam Pya Nak)とも呼ばれます。洞窟の内部には、アラブ、中国、西洋の船、また象などの古代壁画が残っており、それらは航海中にモンスーンなどを避けてここに非難、停泊した人々によって描かれたものと言われています。この島へは、プーケットやクラビタウン、ピピドンからの1日ツアー、またはチャオファー船着場からの定期船で訪れることができます。

ピピドン(Phi Phi Don)---全体の面積28k㎡のピピドンは、岩がちのピピリーとは異なり、白砂のビーチや広がるヤシの木が特徴的な島です。かつて自然が溢れていたこの島は、注目を浴びると同時に急速な開発がなされ、今では船着場(トンサイ)やビーチ周辺ににはバンガローやレストラン、ダイビングショップ、土産物屋などがひしめきあっており、タイの主要リゾートの一つとなりました。ほとんどの旅行会社はスノーケリングツアーなどを催行しており、中でもボートで約30分のパイ島(Ko Paid)などを巡るツアーは魅力的です。

パイ島(Ko Phai)---ピピドンの北に位置するこの島は、北と東の海岸に砂浜のビーチがあります。そして南の海には珊瑚礁が広がっています。

ユン島(Ko Yung)---同じくピピドンの北に位置する島です。東側には岩のビーチが伸びています。ここでもやはりさまざまな美しい珊瑚が見られます。

アオルーク Ao Luk
タンボッコラニ国立公園(Than Bokkhorani National Park)---クラビタウンから約45キロのアオルーク地区にある1,211K㎡の国立公園です。公園内は、クチナシやアソーカ、マングローブなどの森林や石灰の山、点在する島々で構成されています。見所の一つは、公園事務所に程近い翡翠色の池「タンボッコラニ」です。そこには仏陀の足跡のレプリカ、チャオポートーユアン-トーチョンという神社があります。

ピーフアトー洞窟(Tham Phi Hua To)---マングローブの森林の中にある、洞穴の多い大きな洞窟です。かつてこの洞窟には頭蓋骨のお化けが住んでいたと言われ、その名前には大きな頭のお化けという意味があります。さらに興味深いのは、先史時代に描かれたとされる壁画(人、動物など)が残っていることです。この洞窟行きの船はボートー(Bo Tho)船着場から出ています。

ロット洞窟(Tham Lot)---ボートー船着場からタプラン(Tha Prang)運河に沿ってボートで10分ほどのところに、鍾乳と石筍が美しいロットヌア(Lot Nua)、ロットタイ(Lot Tai)という2つの洞窟があります。引き潮の間は、ボートで通り抜けることができます。

ペット洞窟(Tham Phet)---ペット(Phet)は、タイ語でダイアモンドを意味します。この洞窟が最も美しいのは、数え切れない鍾乳 と石筍でできた洞窟が光に反射して、一体にダイアモンドの輝きを見せる瞬間です。

チャオレー洞窟(Tham Chao Le)---美しいレムサク岬の西、サパンプラー(Sapan Pla)という船着場から船で約15分のところに位置しています。ここでは、ボートピーフアトー洞窟と同じように、先史時代に描かれたとされる壁画を見ることができます。それらの壁画は、ピーフアトー洞窟のそれより年代的に新しいものと言われています。

タル島(Ko Talu)---中央に45メートルの小高い丘のあるタル島。「タル」は通り抜けるという意味があります。島のいたるところでアマツバメの巣が見られます。

ホン諸島(Mu Ko Hong)---アオナンからボートで約1時間のところに位置する、美しいビーチと珊瑚礁が特徴のホン諸島は、最も大きなホン島(Ko Hong)を始め、ラッカ(Lakkah)、ラオレム(Lao Riem)、パッカ(Pakka)、ラオラディン(Lao Lahding)などが群を成しています。アオナン地区のツアー会社が催行するホン島へのカヌートリップは観光客に人気です。

カオパノム Kao Panom
パノムベンチャ山国立公園(Kao Phanom Bencha National Park)---クラビタウンから約20キロのところに位置する面積50k㎡のこの国立公園は、カオパノム、ムアン、アオラクの3地区に属しています。公園内は、岩を積み上げたような丘と谷、そして森が広がっています。公園事務所から1㌔強のところにあるファイサデ滝(Namtok Huai Sa-de)やプン山洞窟(Tham Khao Phung)は、この公園の見所です。

クロンヘン滝(Namtok Khlong Haeng)---クラビで最も高い山テプベンチャ(Thep Bencha)にある高さ500mの滝です。カオパノム地区の中心部から約10㌔のところに位置しています。
トンハン滝(Namtok Ton Han)--- カオパノムの中心部から約16キロのところに位置するこの滝は、クロンヘン滝と同じく、カオパノムベンチャの山々の中を流れています。

アンペークロンタン Amphoe Khlong Thom
クロントム寺(Wat Khlong Thom) ---ここは博物館でもあり、カンラックパット(Khuan Luk Pat)と呼ばれるエリアで発掘された古器物やビーズの塚を見ることができ、考古学的に興味深いお寺です。発見されたものの中には、5,000年以上も前のビーズや化石があります。
ヒンペン滝(Namtok Hin Perng)---3つの階層からなる高さ800メートルのこの滝は、クロントムの中心部から25キロのヒンペン村にあります。

スリー島(Ko Sliah)--ボームアンビーチから2キロのところに浮かぶこの島では、南国らしいカラフルな鳥がたくさん見られます。

ヌアクロン Nua Klong
ジャム島(Ko Jam)、またはプー島(Ko Poo)---ほとんどがムスリム(イスラム教徒)というこの島の人々は、漁業やゴムの栽培、手工芸、縫製などに従事しています。特に有名なのは、パートーコプー(Pah Tor Koh Poo)という織物です。本土からこの島へは、チャオファー船着場(乾季)、またはヌアクロンのレムクラッド船着場(雨季)からのボートを利用します。

スリボーヤー島(Ko Sri Bor Yah)---ジャム島から程近いスリーボーヤー島も、多くのムスリムが漁業や農業を営んで生活しています。とても静かで平穏な雰囲気のこの島は、長い休日のリラクゼーションにぴったりです。ジャム島へ行く場合と同じく、チャオファー船着場(乾季)、またはヌアクロンのレムクラッド船着場(雨季)からのボートを利用します。

ランタ Lanta ランタ島の地図
ランタ諸島国立公園(Mu Ko Lanta National Park)---この国立公園は、美しい珊瑚礁の海に点在するハー島(Ko Ha)、ロク島(Ko Rok)、ハイ島(Ko Hai)、ランタヤイ島(Ko Lanta Yai)などの大小の島々から構成されます。これらの島へ行くには、クラビタウンのチャオファー船着場からの船(10月~4月のみ)を利用します。所要時間は2~3時間です。また、クロントムのボームアン村(Bo Muang Village)からも船が出ており、その場合の所要時間は45分程度です。

ランタ島/Ko Lanta
ランタ島は、クラビの約70㌔南に位置しています。この島の南北27㌔は、熱帯雨林の山が連なり、高度500メートルほどの山脈を形成しています。西海岸は特に海水の透明度が高く、また粉状の白い砂浜も魅力の一つです。'ランタ(Lanta)'は、その昔アンダマン海を拠点に漁で生計を立てていたジプシー'Chao Lay'(現在も島の南東部に居住している)の言語に由来すると言われますが、その意味は未だ明らかになっていません。現在この島にはおよそ20,000人が居住しており、その中にはタイ北部からの出稼ぎの人々も含まれます。商業の中心サラダン(Saladan)地区は、次第に中華系からタイ系住民の社会へと移行してきました。まだ歴史の浅いランタ島は、1996年に電気網が、2001年に電話網がそれぞれ敷かれました。主な2つの村の道路は近年整えられましたが、未だほとんどが未舗装のままです。ここ数年観光客の増加に伴い、宿泊施設などが充実し始めました。西海岸にはバンガローを中心とした70以上のリゾートが建っています

交通
プーケット~ランタ島---直行の定期便はない為、ピピ島で乗り継ぎます。同日中にプーケットからランタ島へ移動する場合、プーケット発ピピ島行きの午前便(8:30発)に乗船し、ピピ島にてランタ島(サラダン)行きの便に乗り換えます(11月~4月のみ)。
クラビ~ランタ島---ボートは、毎日午前/午後の2回、チャオファー(Chaofa)船着場から出航します。所要時間は約2時間です(11月~4月のみ)。5月~10月のモンスーンシーズンは、強風と高波のため、一般のボートは運航しません。車(カーフェリー利用)での移動は可能です。
トラン~ランタ島---公共のミニバスが毎日1便運行しています。このバスは、鉄道駅の向かいから出発します。この場合、本土側の船着場からカーフェリーでランタノイ(Lanta Noi)へ、そして別の船着場のカーフェリーでランタヤイ(Lanta Yai)のサラダンに到着します。ランタ島までの所要時間は約2時間半です。(年中運行)
ピピ島~ランタ島---11月~4月は、午前/午後1便ずつ、ボートが毎日運航しています(ピピ島のトンサイ湾より出航)。5月~10月のモンスーンシーズンは、強風と高波のため、一般のボートは運航しません。ピピ島~ランタ島間の所要時間は約1時間です。


Worldwide Hotel Accommodation

カスタマーアシスタンス
タイのホテル予約 ノーチャージに透明な価格 Japanese.HotelThailand.com
人気の目的地