チュンポーン(Chumphon)


基本情報

チュンポーンの地図

位置・地形
チュンポーン県は南タイの最も上方に位置しており、タイ南部の玄関口と言われます。バンコクから463㌔、その面積は約6,009k㎡、南タイで4番目に大きい県です。北はプラチャップキリカーン、南はスラタニー、東はタイ湾、西はミャンマーとラノーンに接しています。全体は、ムアンチュンポーン(Amphoe Muang Chumphon)、ラマエ(Amphoe Lamae)、ランスアン(Amphoe Lang Suan)、パトゥ(Amphoe Pathiu)、サウィー(Amphoe Sawi)、タサエ(Amphoe Tha Sae)、トゥアンタコ(Thuang Tako)の8地区からなります。

気候・ベストシーズン
縦に長い形のチュンポーンは、西側は山々によってちょうど国境(タイとミャンマー)の役割を果たしており、農業に適した中央部の平地をはさんで、東側は222キロもの長い海岸線を成しています。チュンポーンは、タオ島へ行くための中継地点としての役割をもつ一方、それ自体、内陸も海岸線もともに見所が多く、ビーチ、島、国立公園、山といった豊富な自然が、現在の観光の目玉になっています。また、チュンポーンはコーヒーやフルーツ、そしてフィンガーバナナ(小ぶりのバナナ)の特産地としても有名です。

ベストシーズンは1月~5月です。6~9月は雨の多い時期ですが、特に西の海岸沿いは1日中降り続けるということはめったになく、毎日数時間だけまとまった雨が降るという具合です。10月~12月はほとんど晴れていますが、やや強い風が吹きます。船はかなり揺れが大きいので、ボートで島へわたるよりもビーチでのんびりするのが心地いい過ごし方かもしれません。基本的に夏は暑すぎず、冬もそれほど気温が下がらないので、1年中過ごしやすい気候といえます。

交通手段
飛行機
エアアンダマンの直行便が便利です。月水金日の週4回(往復とも)、1日1便運航しています。
列車
バンコクのフォアランポーン駅から毎日出発しています。所要時間は約8時間。
バタワース方面行き(一部スラタニー、ハジャイ、トラン、スンガイコーロク止まり)の特急、急行、普通が1日10便前後往復していますが、その多くは寝台列車です。
バス
南バスターミナルから毎日出発しています。所要時間は約6時間。
VIP、エアコン、ノンエアコンが各数便ずつ往復していますが、多くは夜バンコク発、早朝チュンポーン着になります。

観光ポイント

主な見所 記念塔  洞窟・山   国立公園 ビーチ その他

ホテル チュンポーンのホテルリスト

記念塔
チュンポーン王子記念塔(San of Sadej nai Kromluang Chumphon Khet Udomsak )Amphoe Muang---ここはチュンポーンとその周辺の人々にとってとても神聖な場所です。ここにはタイ海軍の創立者である皇室海軍大将ウドムサック王子の記念塔が立っています。そこには彼の伝記や彼の使用したものなどが展示された博物館もあります。ローヤルチュンポーンと名づけられた全長68m、幅6.55mの魚雷艇も見られます。この船は1975年11月26日に運航が廃止となり、1979年に皇室の軍隊がチュンポーン県に授けたものです。それ以来、この船はこの記念塔の近くに置かれています。

第2次世界大戦義勇兵記念塔(The World War 2 Young Soldiers Monument )Amphoe Muang---この記念塔は1941年に侵略に入ってきた日本の軍隊と戦ったチュンポーンの若い兵士達の勇気を讃えるために立てられたものです。

洞窟・山 (洞窟はタイ語で"タム"、山は"カオ"といいます)
カオクン洞窟(Tham Khao Khun Krating Cave) Amphoe Muang---ここには地上30メートルのところに2つの洞窟があります。2つの洞窟をつなぐ小道の辺りでは、崖に描かれた幾何学的な絵を目にすることができます。これらの絵は先史時代に描かれたものと言われています。

ケオ洞窟・ラム島洞窟(Tham Kaew Kho Rum Cave )Amphoe Muang---内部で、風通しのいいロム洞窟(Tham Lom)と鍾乳・石筍の美しいケオ洞窟(Tham Kaew)の2つの分かれています。

ンゴーン山洞窟(Tham Khao Ngeon )Amphoe Lang Suan ---この洞窟は、ソムデプラスリナカリンチュンポーン公園の中にあります。1889年にソムデプラチュラチョムクラーオチャオファーがこの地を訪れた際、その前にパゴダを建てさせました。洞窟の内部は、陛下の名前が刻まれていることで有名です。

クリアップ山洞窟(Tham Khao Kriap )Amphoe Lang Suan---ランスアン中心部から10キロのところに位置する美しい鍾乳と石筍の洞窟です。その洞窟のある丘の麓から370段の階段を上ったところには寺があり、そこには修行のモンクが住んでいます。

プルー山(Khao Plu )Amphoe Pha Thiew---この山には2つの洞窟があります。一方はチュンポーン及び南タイの人々が尊敬する有名な修行僧ルンポーチーブニャサローにまつわるもので、内部には彼の記念碑がおかれています。もう一方は、入り口へと続く300mもの長い道を水が流れ、内部の天井や壁にはコウモリがたくさん棲みついています。またこの山の深い森では猿が多く生息しています。

メオ山(Khao Meow )Amphoe Pha Thiew---人々はここを奇怪な山であるといいます。昔ここには神秘的な金属(Lek Lai)があり、それを持ち出そうとする人物がいた、という伝説があります。洞窟の内部は聖水のプール、修行僧のいすがあります。メオ山についての神秘的な伝説は、今でも人から人へと伝えられています。

 (タイ語で"ナムトク"といいます)
ヒウローム滝(Namtok Haew Loam) Amphoe Pha Toh---この滝は2段階に分かれており、2段目が美しいとされています。水は大小の岩で囲まれたプールに向かって落ち、くねくね道を辿りながらランスアン川へと流れていきます。11月~2月には、ケーンドックファイ(Kaeng Bok Fai)の流れに沿ってラフティングが楽しめます。

タブチャーン滝(Namtok Thub Charng) Amphoe Thung Tako---市の中心部から約65㌔離れたクロンプラオ国立公園にある美しい滝。ここにはたくさんの動物が住んでいます。

ヒンチャーンスリ滝(Namtok Hin-Charng-Sri) Amphoe Lang Suan---ランスアンリバーの源流であるこの滝は、高さ20m、上は大きなプールになっています。最も美しく鑑賞できるのは雨季の時期と言われています。人々は、この滝に"Chau Mae Takian"がいたと信じています。そして訪れる人々はみな自分自身の安全を祈って彼女に礼拝します。

国立公園
パン山公園(Khao Phang Park) Amphoe Murang---この公園は、町の新リゾートです。正面にはサデナイクロムルアンチュンポーンケッウドムサック神社があります。この公園は美しい設計がなされていて、リラクゼーションに最適と言われます。

チュンポーン諸島国立公園(Mu Ko Chumphon National Park )Amphoe Murang---中心部から約30㌔東に位置するこの公園は、プミボールアダルヤデ王により、1961年9月22日に国立公園に指定されました。総面積は317k㎡です。皇室森林省海洋国立公園課によって運営されるこの公園は、陸と海の両方から構成され、地上はビーチに広がる森林が、海洋は海岸線近くの砂浜とマングローブの森林、沖の島々を取り囲む深い海が特徴的で美しいと言われます。

カポ滝森林公園(Namtok Kapo Forest Park) Amphoe Thasae---この公園には、1年中流れ続ける小さな滝があります。また公園内では、さまざまな植物とそこを棲家にする鳥や動物が見られます。森林の中の涼しく静かな環境が、心を癒してくれます。


パラヤイ寺(Wat Phara Yai )Amphoe Muang---丘の頂上の仏陀像は、南タイで最も大きいものとされています。広い駐車場と美しい眺望の公園が併設されています。

パラタートサウィー寺(Wat Phra Thart Sawee) Amphoe Sawee---伝説によると、プラチャオスリタマソカラが彼の軍隊とこの地で休憩を取った時、白いカラスが遺跡の中から群れをなして出てくる、という奇妙な経験し、陛下は家来に命じて古いパゴダの上に新しいパゴダを建てさせた、といわれています。その建物はアユタヤに移され、1916年に修復がなされました。新しい建物は古いものの上から作られたため、サウィー川岸のお寺の前には人間の大きさの仏像が残っています。サウィーの人々はこの神社を"Sarn Phra Sua Muang"と呼びます。

タットタムカワンムアン寺(Wat That Thum Khawan Muang )Amphoe Sawee---旅行者の注目は、ブッダの遺骨がまつられているパゴダです。パゴダは小さな石灰岩の丘の上にあり、パゴダの周囲の広い茂みはビューポイントになっています。

ビーチ
コーソンビーチ(Hat Khor Son) Amphoe Muang ---砂と泥が混ざったこのビーチは遊泳にはあまり向いていませんが、ハマグリなどの貝類が豊富なので、潮干狩りに最適です。
Hat Paradonparp Amphoe Muang ---チュンポーンの中心部から12キロ。まっすぐに伸びる広いビーチの道路沿いにはココナッツの木が茂っています。周辺にはシーフードレストランが集まっています。

サイリービーチ(Hat Sai Ree) Amphoe Muang ---チュンポーン中心部から約20㌔、ソンテウという乗り物で約50分ほどのところにある大きなビーチです。そのビーチの北には、かつて皇室将兵の父として海人達から崇拝されていたウドムサク王子の記念塔、ローヤルチュンポーンという名の魚雷艇、ハーブガーデンなどが見物できます。サイリービーチと小さな通り沿いに並行して伸びるパラドンパープビーチやパデーンビーチにはシーフードレストランが立ち並んでいます。

タワンチャイビーチ(Hat Tawan Chai )Amphoe Lamae ---ラマエ地区で最も美しいとされるビーチ。リラクゼーションに最適です。

コーカオビーチ(Hat Khor Khao) Amphoe Lang Suan ---きれいで穏やかなビーチ。このビーチの横の緑樹で覆われた丘には、タマニミットモンク(修行僧)が居住している寺(Khor Khao Temple)があり、自然いっぱいの丘の中央には大きな仏像が立っています。

タンウアリーン湾(Ao Thung Wua Laen )Amphoe Pha Thiew ---このビーチは、狩人に捕らえられた後人の身として生き返り森の中へ逃げていった雄牛の伝説から、狩人達によって"Thung Wua Laen"(走る雄牛)と名づけられました。わずかに傾斜のある砂浜のビーチは、タイ人にも旅行者にも人気があります。ビーチの南側は、藻類、海綿、マリンフラワー、その他さまざまな魚や生物が見られる格好のダイビングスポットです。ビーチからは11㌔先のチョラケ島や17㌔先のンガムノイ島、ンガムヤイ島へのボートが出ています。

アルノタイビーチ(Hat Arunothai) Amphoe Thung Tako ---ボートレンタルなどのサービスがあるので、ピターク(Pithak)、クラム(Khram)、ラウンドバンタード(Roundbanthad)、マプラオ(Maprao)といった島々への渡るのに大変便利です。

(タイ語で"コ"といいます)
サメット島(Ko Samet )Amphoe Muang ---ラヨーン県の有名なサメット島と同じ名をもつこの大きな島は、本土の東海岸からボートで約30分のところに位置しています。島の北側と中央にはビーチがあり、島全体はココナッツの木が茂っています。ここではシャム人が漁業を営んでいます。

マットラ島(Ko Mattra )Amphoe Muang ---島の西側と南側にある巨大な岩、西海岸の珊瑚礁はこの島の特徴ですが、さらに面白いのは、木に登ってひよこのように鳴くプーカイと呼ばれる珍しい蟹を見られることです。

タルー島(Ko Thalu) Amphoe Muang ---南北100メートルほどの小さな石灰岩の島です。ここには2つの洞窟があり、その端から端まで泳ぐことができます。この島周辺は、珊瑚とマリンフラワーが溢れています。

その他


ダイビング
ンガム島(Ko Ng-am)、ラット島(Ko Rad)、ラバ島(Ko La-Va) -Amphoe Muang
カイ島(Ko Kai)、ジョラケ島(Ko Jorakhae) -Amphoe Pha Thiew

キャンプ、ピクニック
トングラン島(Ko Thonglang) -Amphoe Muang
ターン半島(Thaen Peninsula) -Amphoe Pha Thiew

温泉
プルー洞窟温泉(Tum Khao Plu Hot Spa )Amphoe Lamae---この温泉はラマエ地区のアトラクションの中でも最も人気のスポットの一つです。ここには3つの温泉が湧き出ており、周囲は木々で囲まれています。また近隣には美しい鍾乳と石筍の大きな洞窟があります。


エマージングロータス(蓮)(Emerging Lotus)Amphoe Pha Toh---エマージングロータス(蓮)は特に内陸部の森林、ここではへオローム滝以外で見ることはできません。この蓮は直径24インチ、地面からの高さ24インチ、柱頭は約18インチです。花は1年でわずか5日しか咲きません。蓮は花が咲くとき、大きな音を立てます。その音を出すことで鹿や熊や亀などにその花を食べに来ることを思い出させます。乾燥させた蓮と暖かいジンを混ぜ合わせると、それは人にエネルギーを与える薬代わりとなり、特にお年寄りや産後の女性にいいと言われます。


Worldwide Hotel Accommodation

カスタマーアシスタンス
タイのホテル予約 ノーチャージに透明な価格 Japanese.HotelThailand.com
人気の目的地