スコータイ(Sukhotai)


基本情報

スコータイの地図

位置・地形スコータイは文学上の意味を幸福のはじまりと言われています。また、面積が6,596s.q.kmあり、バンコクの北部まで 427km離れていて、1238に樹立されました。スコータイは140年近く、タイの首都となっていました。

気候・ベストシーズン
タイ北部の気候は、モンスーンによって特徴づけられます。熱帯ではありますがタイの他の地域よりも涼しく、湿度も高くありません。12月から1月はとても寒くなりますが比較的、1年中快適に過ごせます。

交通手段
飛行機
バンコクからは毎日1便、バンコクエアウェイズが運航しています。所要時間は30分。
列車
バンコクからスコータイへの直行便はありません。ピッサヌロークまで列車で行き、そこからバスでスコータイまで行くことが出来ます。
バス
バンコク北バスターミナルから毎日スコータイ行きが出ています。所要時間は約7時間。

観光ポイント

主な見所  記念碑・その他 スコータイ遺跡公園

ホテル  スコータイのホテルリスト


プラメーヤ寺(Phra Mae Ya Shrine)Amphoe Muang---この神社はシティホールの前に位置していて、スコータイ住民によってとても尊重されています。それは、髪の毛が長く、白い顔をして、古代の王妃の衣装をきせられた、プラメーヤの偶像が収められています。偶像は高さ約1mで、これはラムカムヘン王が彼の母親であるナンスアンへの献身として治世中に構築されたとされています。

プラシー ラタナ マハタート寺(Wat Phara Si Rattana Mahathat)Amphoe Si Satchanalai--- プラーボロマタート チャリアン寺またはプラプラン寺と呼ばれ、古代のシーサチャナライの城壁の南へは3㎞程のところに位置しています。巨大なラテライトのプラーン(仏塔)は寺の中心に正方形の基礎に基づいて置かれています。巨大なプラーンの前にある険しい階段は、聖遺物箱が安置されている部屋に通じています。

チェットテットテーオ寺(Wat Chedi Chet Thaeo)The Si Satchanalai Historical Park---これはスコータイで最も美しい寺院のうちの1つです。異なる芸術様式とその影響を受けたチェディはこの寺院の敷地内に建てられました。壁の絵画はひどく被害を受けたましたが、いくつかのチェディはまだ見るこが出来ます。

スアンケオウッタヤンノイ寺(Wat Suan Kaew Utthayan Noit)he Si Satchanalai Historical Park---これは正面がれんがで造られた建物を持つ、シィーサッチャナライの古い町にあるただ一つの寺院です。この寺院の廃墟は、レアトリル製の屋根を持った、全体がレアトリルのイメージで造られたホールから成ります。

記念碑・その他
シーサッチャナライ遺跡公園(The Si Satchanalai Historical Park)Amphoe Si Satchanalai---これはシーサッチャナライのタンボーンムアンにあるヨム川岸に置かれます。その古代の町は、以前は「ムアンチャリエン」と呼ばていたが、プラルアンがこの地域を治めていた時に新しい行政の中心がチャリエンに移され、確立された時に「シーサッチャナライ」と名付けられました。134の記念碑の遺跡はその公園内で発見されました。

ラムカムヘン国立公園(The Ramkhamhaeng National Park)Amphoe Khirimat---この自然と歴史的な背景が結合した精巧な国立公園は、広さが341sqmで、1980年10月27日に国立公園として制定されました。1,200mを越す高い丘と険しい崖、魅力的な滝、珍しい種類の植物と野生生物等がこの公園で楽しむ事が可能で、観光客や自然愛好家にお薦めです。さらに、より考古学的で歴史的な、古代の残骸と遺物が特に、批評家や神学者とって、さらにこの公園を魅力的なものにしています。

サワンウォラナヨック国立博物館(The Sawanworanayok National Museum)Amphoe Sawankhalok--- それはスコータイこの国立博物館はスコータイから38㎞の所にあります。この国立博物館は1984年に開館され、スコータイ時代のサンクラロック陶器やタイ湾に沈んでいた陶器から検索されたサンクラロック製品など様々な期間からの最も面白い彫刻の芸術ガ展示されているのが特徴です。

スコータイ遺跡公園

主な見所 城壁内部  城壁の北 城壁の西 城壁の南 城壁の東

ホテル  スコータイのホテルリスト

城壁内部
古い町(The Walls of The Old City)--- 公園の中心にあり、これらの壁は陶製の城壁に囲まれています。北と南の壁は両方とも長さが2,000mにもなります。その壁には4つの主要な門が含まれています。1つの門にはラムカムヘン王がつるした鐘があり、これは国民が王の助けや調停を求める時にこの鐘を鳴らしたといわれています。

マハタート寺(Wat Mahathat)---スコータイで最も重要な王室寺院で、この地域は堀によって囲まれていて、西側と南北両面の四方の境内にはたくさん塔や礼拝堂、モンドップト呼ばれるお堂、4つの聖地などいろいろなものが点在しています。それらの中心となっているのが、スコータイの特徴的な建築様式である、蓮のつぼみに似た形のチェディです。そして、プラーンと呼ばれるクメール様式の仏塔、四隅には円錐形チェディと呼ばれるシュリーヴィジャヤ様式の仏塔が並んでいます。

スィーサワイ寺(Wat Si Sawai)---壮大な風景の中に、この古典的な寺院があり、ラテライト壁に囲まれた3つのプラーンがあります。壁の内部にある仏教寺院は西側にあり、主要なプラーンと離れていて、ロッブリーで構築されました。皇太子(ラマVI世)がそのヒンズー彫刻、サヨンプーを発見して、その息で聖域で最も偉大なヒンズー経の神であります。

サシー寺(Wat Sa Si)--- スリランカ様式のチェディの周りにはトラファントラクアン池の中間にある島の主要な聖域です。大きな寺院はブッダ像のしっくいを含んでいます。南側に立っている9基のチェディとは異なる大きさです。

サンタパデーン堂(San Ta Pha Daeng or Deity Shrine)---この記念碑は、正面に階段を持ったただ1つのラテライトのプラーンから成ります。砂岩で出来たヒンズーの神像ここで発見されたと推測されています。

ラムカムヘン大王記念碑(King Ramkhamhaeng Monument)---ラムカムヘン大王のブロンズ像は彼の生涯を記した経典を持ち、「プラ テーンマナンカシラアッサナー」と名付けられた玉座に座っています。

マイ寺(Wat Mai)--- マイ寺は主要な聖域をアユタヤ様式で造られた、レンガの仏教寺院です。仏教寺院の柱はラテライトで作られています。ブロンズ像のブッダはナガの下にあり、ここで発見されましたが、現在はラムカムヘン国立公園で保管されています。

主な見所 城壁内部

城壁の北 城壁の西 城壁の南 城壁の東

ホテル  スコータイのホテルリスト

城壁の北
プラパイ ルアン寺(Wat Phra Phai Luang) ---この聖域は、以前はクメール-ヒンズーの神院で堀によって囲まれています。それは、マハタート寺の次に重要な寺院であります。内部には、スィーサワイ寺のような3つのプラーンがありますが、南と中央似合ったものは砕けてしまい、北にあるものだけはしっくい守られています。これらのプラーンの正面は寺院、壊れたチェディがあり、後者はしっくいで飾られた土台にブッダ像が座っています。モンドップには座ったり、もたれかかったり、立ったり、歩いたりしている4つの姿勢の仏像が含まれています。それらは現在は全て遺跡の中にあります。
古い青磁器工場 (Ruin of Old Celadon Factory)--- 「トゥリアン窯」はスコータイ青磁器が作られた場所です。窯の大きさは100 X 700mでその地域に存在しています。各窯は3つのセクションに分割されていて、火のエリア、オーブンで陶磁器を焼くエリアと煙道のエリアです。その陶磁器は、ここに発見され、通常、そのそこには円盤、魚、花の3つの異なる絵が描かれて設計されていました。49の窯と小さな建物は目に見えます。北にある池は石の中に掘り起こされました。
サンクハワット寺(Wat Sangkhawat)---ここにある仏教寺院は、スコータイ様式のしっくいで出来た仏像をを安置しています。後ろにはスリランカ様式のチェディが立っています。
ヒンタン寺(Wat Hin Tang)---スリランカ様式のレンで出来たチェディはラテライトが基本になっていてラテライトの壁によって周りを囲まれています。ヒンタン寺のスコータイ碑文には仏教徒の遺物や宗教の儀式について記されています。

主な見所 城壁内部  城壁の北 

城壁の西 城壁の南 城壁の東

ホテル  スコータイのホテルリスト

城壁の西
サパンヒーン寺(Wat Saphan Hin)---高さ200mの丘の上に位置しています。石を敷いた道が聖域の庭まで導いています。

チャンロップ寺(Wat Chang Rop)---寺院の基盤とラテライトの柱はチェディの前方にあります。

チェディンガム寺(Wat Chedi Ngam)---丘の上のアラニックエリアは、主要な聖域を円形のスリランカ様式のチェディが4つの適所に飾られています。東側は寺院と4つの小さな石の建物があります。北側には、石の池があります。

プラルアンダム(Phra Ruang Dam)---この土器のダムプラバットヤイとキヤオエイマ丘間の水を阻止するために形成され、タイの潅漑部によって修復されました。ダムからの水は他の貯水池での水位が下がったときにはいつでも置換として使用されるでしょう。

プラユン寺(Wat Phra Yun)---マハタート寺のの2,500m西にある、仏教寺院には直立の仏像が安置されています。

パマムアン寺(Wat Pa Ma Muang)---マンゴーの木立の中にある聖域はスコータイの名として引用された重要な寺院です。スリランカ様式のチェディがあります。

トゥク寺(Wat Tuk)---正方形の窓がないモンドップは主要な聖域と寺院があり、チェディは正面にあります。

主な見所 城壁内部  城壁の北 城壁の西 

城壁の南 城壁の東

ホテル  スコータイのホテルリスト

城壁の南
トンチャン寺(Wat Ton Chan)---城壁の南側、この美しい古い様式の寺院はレンガで出来たスリランカ様式のチェディがあり、仏陀像を安置しています。レンガの寺院には手のない漆喰の仏陀像も含まれています。素晴らしい奉納のタブレットはサンアチャンと呼ばれ、ここにで発見されました。

チェトゥポーン寺(Wat Chetuphon)---モンドップには、立像、座像、遊歩像、臥像の4対の異なった姿勢仏像が安置されています。mondopの外部の壁はまだ保持します。また、北側に入り口があります。丁度モンドップの後ろにある小さな聖域には地元の人々に有名なプラシーマリヤと呼ばれる未来像が含まれています。

シー ピチット キラチ カンレイアラム寺(Wat Si Phichit Kirati Kanlayaram)---寺院の正面は堀に囲まれ、正方形の土台の上にスリランカ様式の円形のチェディがありますおよび仏教寺院の上に円形のSinghaleseスタイルchediを持っています。正面は堀によって囲まれます。パーリー語とタイ語で記された壊れた石の碑文が発見され、1400-1404年の間に記入されたと考えられています。

ヴィハーントン寺(Wat Viharn Thong)---主要な聖域は蓮形をしたレンガ造りのチェディで、非常に優れた、古典的なタイの建築葬式です。

アソカラム寺(Wat Asokaram)---南の城壁の主要な寺院とモンドップを見る事が出来ます。

主な見所 城壁内部  城壁の北 城壁の西 城壁の南 城壁の東

ホテル  スコータイのホテルリスト

城壁の東
チャンロム寺
(Wat Chang Lom)---チョットウィシトン通りの北側に位置していて、中央に施された装飾として立っている、セイロンの影響を受けている鐘の形をしたチェディを見る事が出来ます。チェディの周りを象が支えています。この種の象で飾り立てたチェディはスコータイ王朝時代の古代の町でよく見る事が出来ました。

スラッパントンラン寺(Wat Thraphang Thong Lang)---正方形のモンドップは主要な聖域で、モンドップの正面、東側には寺院があります。そして、モンドップの外壁は、美しいしっくいの像によって飾られています。その南側は天使に守られて天から降りてくる仏陀が描写されています。西側の側面には彼の父親と親類にをするブッダが描かれています。北側は彼の妻に説法をするために戻ってきた仏陀が描写されています。これらのしっくい像は、特に南側の物がスコータイ芸術の傑作において、素晴らしいとされています。。

チェディスン寺(Wat Chedi Sung)---チェディ上層部は3つの段階に層を成したいる円形のものです。この興味深いスコータイタイプののチェディはシュリーヴィジャヤ様式とスリランカ様式があります。チェディの前には小さな寺院が立っています。

ホットパヨム寺(Wat Hot Phayom)---T東の城壁の外側にある水田の中に立っています。寺院およびラテライト土台はまだ見る事ができます。


Worldwide Hotel Accommodation

カスタマーアシスタンス
タイのホテル予約 ノーチャージに透明な価格 Japanese.HotelThailand.com
人気の目的地