ピッサヌローク(Phitsanulok)


基本情報

ピッサヌロークの地図

位置・地形
ピッサヌロークは10,584.5平方キロメートルの面積があります。川沿いの市の中心地はバンコクの北より377㎞離れた所にあります。ピッサヌロークは、中央部と北部地方を繋ぐ、タイ北部の経済と交通の中心であります。アユタヤ王朝の偉大なナレスアン王の出生地で、弟であるエカソサロットもまたこの地で生まれました。ピッサヌロークは政治的で戦略的な理由のために長い間重要な中心地でした。アユタヤ王朝がビルマとの戦いを行った時、アユタヤ王朝のボロムトレイロカナット王が統治していた1448-1488の25年間、タイの首都として栄えていました。ピッサヌロークの気候は一般的に暑く、湿度が高いです。北のウッタラディット、南のピチット、東のローイとぺチャブーン、西のカンぺーンぺッとスコータイにそれぞれ接しています。 気候・ベストシーズン
ピッサヌロークは熱帯気候なので、一年中かなり暑い気候で、また、雨季はとても高い降雨量になります。夏、雨季、冬の3つの季節があります。

交通手段
飛行機
バンコクからは毎日3便、タイ国際航空が運航しています。所要時間は55分。チェンマイからは毎日2便、約1時間55分掛かります。
列車
バンコクからピッサヌロークへは5~7時間35分程です。チェンマイからは5時間半~7時間20分程です。バンコクから5~6時間で行ける快速列車の「スプリンター」は全席指定の特急で、エアコン車両にコーヒーと軽食がついています。
バス
バンコク新北バスターミナルから約6時間ほど掛かりますエアコンバスは1日14本出ています。チェンマイからは新ルートで約6時間、5時間半かかり、普通バスが1本出ています。旧ルートで約6時間エアコンバスは1日6本が走っています。

観光ポイント

主な見所  その他 市外の見所

ホテル  ピッサヌロークのホテルリスト


プラシーラタナーマハタート寺(Wat Phra Si Rattana Mahathat)--- この僧院は住民には"大きな寺"と呼ばれていて、有名なプラーブッダチナラートの家であり、ピッサヌロークで最も重要な僧院です。この寺院は川の側にある町にあるナレスアン橋のたもとにあります。この僧院はプラーマハタマーラチャ1世の統治していた1357年に建てられました。タイで最も美しいとされているプラーブッダチナラートのブッダ像が安置されています。僧院には他にたくさんの美しく注目すべきアイテムが保管されています。真珠貝の螺鈿細工の扉の陣は特に見事で、チナラット仏の献身として、1756年にボロムコット王によって建てられました。寺院の後ろには、壁のくぼみに繋がる階段とともにブッダの遺物を安置している、高さ36mの大きなプラーンがあります。プラーンの前にはプラーアッタロスと寺院の斜面には9つの部屋があります。新しく改築されたブッダ像だけが残っています。

ラチャブラナ寺、ナンパヤ寺(Wat Ratchaburana nad Wat Nang Phya)---ナン川の南岸に位置し、プラシーラッタナーマハタート寺の近く、南にあります。ピッサヌロークがボロムトレイロッカナートに統治されていた時に、構築されると仮定された2つの僧 院が、連結しています。ナンパヤ寺は、3頭のナーガの素晴らしい形がそれらの軒の上に装飾されていて「プラーナンパヤ」の特別な祈願のタブレットが知られています。

チュラマニー寺(Wat Chulamani)---チュラマニー寺はとうもろこしのような形をしたプラーンが有名で、考古学と歴史学の学生たちによって研究されています。この寺はピッサヌロークで最も古い遺跡です。高度で個性的な様式と模様は、華美で精巧なしっくいの素晴らしいデザインで王国ではこのように興味深く価値があるものはどこにもなかったので非常に誇りに思われています。

その他
ターウィー博士の民芸博物館( Dr. Thawi-Pim Buranakhet ' s Folklore Museum)---ブラナータイブッダ像鋳造所の反対側、ウィストカサート通りにしています。位置しています。この博物館はすべての民芸、かご細工、陶磁器や昔の台所用具などタイの各地から収集された展示物でよく知られています。これらに加え、農業用器具と家庭用品が展示されています。

クンコン森林公園の滝(Khun Kon Forest Park Waterfall)--- ピッサヌロークは別名「ソン クウェー」と呼ばれていて、これは2つの川のある町という意味です。ナン川は主要なこの地区の最も重要な川です。クウェーノイ川はカンチャナブリの西にある川と似た名前で、この川もまた、さらに北部から流れて来て、下町近くでナン川と合流しています。この2つの川はピッサヌロークを東岸と西岸に分割している大動脈となっています。それが地区の主要な輸送ルートであるとともに、2つの川に沿って、人々は船の家や水上に家を建てで住むために集まっています。

市外の見所

主な見所 公園 

ホテル  ピッサヌロークのホテルリスト

公園
サクノッタヤ森林公園(Sakunothaya Arboretum)--- この公園は1958年に北部を旅していたH.M王によって上品名前を授かりました。公園のエリアにある高さ10mのワンノックエーン滝は美しく、生き生きと舞台を作るために岩の中に流れ落ちています。流れの浸食は最も特徴的で一定の法則で石を積み重ねていき、形作っていきました。

トゥンサレーンルアン国立公園(Thung Salaeng Luang National Park)---樹木に覆われた公園は、ピッサヌロークとペッチャブンが交差した、300,000エーカー以上の広大な土地にあります。

プヒンロンクラ国立公園(Phuhinrongkla National Park)---この公園の人の目を惹きつける風景美は、ピッサヌローク、ぺッチャブーン、ロエーイ地区が交差した場所に広がっています。主な見所はランヒンの自然のチークが素晴らしい所です。この公園は60,000エーカー以上の広い面積を持っています。公園内にある層をなした7つの滝は地区の首都にあるナン川と繋がっているクウェーノイ川でが水源になっています。


ケーンソン滝(Kaeng Song Waterfall)---この滝は45号線側の道路に位置していて、道路からはっきりと目で見る事ができます。

ポイ滝(Poi Waterfall)---スアン パ カオ クラヤンから2㎞程のところにポイ滝があり、豊富な滝の流れと非常にたくさんのごつごつした岩があるのが特徴です。花を咲かせるたくさんの種類の木々がその地域を彩っています。

ケーンソファ滝(Kaeng Sopha Waterfall)---70号線より約2kmのところで分岐しているところにあります。樹木に覆われた森を越えると、トゥンサレーンルアン国立公園のオフィスに抜けられます。この滝はピッサヌロークで最大のものです。


Worldwide Hotel Accommodation

カスタマーアシスタンス
タイのホテル予約 ノーチャージに透明な価格 Japanese.HotelThailand.com
人気の目的地