ランパーン(Lamphang)


基本情報

ランパーンの地図

位置・地形
ランパーンはチェンライ-チェンマイ高速道路の交差地点にあり、2つの独特の特徴を証明することが出来ます。一つは毎日の交通手段として、荷馬車を使っています。また、世界で唯一つの小象のための訓練学校があるのも特徴です。両方のアトラクションはこの町の大きな収入源となっています。ランパーンは行政上、13地区に分けられ、ムアン(Muang), トエン(Thoen)、メー プリック(Mae Phrik)、コー(Ko Kha), ンガオ(Ngao)、チェー ホム(Chae Hom)、ワン ヌア(Wang Nua)、メー タ(Mae Tha)、ソプ プラップ(Sop Prap)、サーム ンガム(Serm Ngam), ハン チャット(Hang Chat), メー モ(Mae Mo)、ムアン パン(Muang Pan)となっています。

気候・ベストシーズン
タイ北部の気候は、モンスーンによって特徴づけられます。熱帯ではありますがタイの他の地域よりも涼しく、湿度も高くありません。12月から1月はとても寒くなりますが比較的、1年中快適に過ごせます。

交通手段
飛行機
バンコクからは毎日2便、タイ国際航空が運航しています。所要時間は2時間5分。
列車
バンコクからランパーン行きが毎日6本出ています。所要時間は約13時間。チェンマイからも毎日6本出ていて、所要時間は約2時間です。 バス バンコク新北バスターミナルから毎日出ています。所要時間は約9~10時間。チェンマイのナラワット橋近くのバス乗り場からランプーン経由で約2時間。

観光ポイント

主な見所    国立公園 象センター・滝


プラ ケオ ドン タオ寺(Wat Phra Kaeo Don Tao)Amphoe Muang---この寺はメー マム ワンの右岸にある長方形が基盤の感銘的なチェディを含む古い建物です。この寺院には特に興味深い装飾の施されたミャンマー様式の仏像が含まれています。寺院は18世紀後半から存在していました。美しい色彩と繊細な調和がミャンマー様式ほこの寺院を一番良い寺院の一つです。現在はバンコクにある、エメラルドブッダが安置されていました。

プラタート ランパーン ルアン寺(Wat Phrathat Lampang Luang)Amphoe Ko Kha ---ランパーン南に20kmにあり、北部で一番素晴らしい寺院です。チェディは木々に囲まれた環境下にあります。チェディの左には木彫りの正面と3層屋根があります。調和の取れた姿と精巧な内装はラーンパーン ルアン寺を北部タイ建築様式の一番美しい寺にしています。

シーチュム寺(Wat Sichum)Amphoe Muang ---この美しく古い寺はミャンマーの建築様式と、とても洗練された美しい木の彫刻などのミャンマーの芸術品が展示されています。

プラタート チョム ピン寺(Wat Phrathat Chom Ping)Amphoe Ko Kha ---この寺の不自然な出来事はパゴダの影が主要な広間の床に反射して、広間の窓をすり抜けて行くという、これと似たような出来事がアッコー キリ寺でもまた起こりました。

チェディ サオ寺(Wat Chedi Sao)Amphoe Muang ---この仏教寺院はバン ワーン モーにある、ランパーン-チェー ホム高速道路に位置していて、町から6kmの所にあります。高速道路から田園内に立つ、この寺院の20のパゴダの集団がみられます。重要な制定法で定められた場所のひとつで、古の時代に構成された、たくさんの歴史的、考古学的遺産を持っています。いくつかの小さなブッダの彫像は, 魔よけの形をしていて、それはハリプンチャイ時代にパゴダの中で発見されました。

プラタート サデット寺(Wat Prathat Sadet)Amphoe Muang ---この仏教寺院はランパーン―ンガオ高速道路にある町から18kmの所に位置しています。この寺院の年齢はランパーン ルアン寺と同じくらいです。改装されてなお、古代の芸術の特徴がまだ寺院内に見ることが出来ます。ブッダの遺物が寺院の展示品の主要のパゴダ内に安置されています。

主な見所    国立公園 象センター・滝

国立公園
ドイ クンタン 国立公園(Doi Khuntan National Park)Amphoe Hang Chat---この国立公園はランパーンとランプーンに位置していて、225s.q.kmsと標高1,272mになります。ドイ クンタン エリアはドイツの技術者がバンコク―チェンマイ鉄道線間にタイで一番長いトンネルを発掘していたときに、初めて調査されました。キャンプをすることも可能です。

チェ ソン国立公園(Chae Son National Park)Amphoe Muang Pan---多種の目的で計画された森またはメー パイ森林、タンボン チェー ソン、アンぺー ムアン パンの一部で、ランパーン-チェー ホム ルートから72kmの所にあります。

チェ ソン ホット スパ公園(Chae Son Hot Spa Park)Amphoe Muang Pan---この公園は魅惑的な花と緑の区画を持った美しい公園に改装されました。スパのエリアはごつごつした岩で構成されています。その場所では、水温が75-80度まで到達します。暖かい鉱泉は入浴や肌の病気の治療に合っています。11室のバスルームが利用可能です。最も素晴らしいスパの特徴は夏の夕方に起こる出来事で、何十万匹ものせみが小川を上り、入浴したり、ミネラルウォーターを飲んだりして、ジャングルの空にせみの強烈な泣き声で溢れます。これは自然の出来事で貴重な経験です。

主な見所    国立公園 象センター・滝

象センター・滝
タイ象保護センター(Thai Elephant Conservation Centre)Amphoe Hang Chat---ハン チャットのトゥン キワン森林にあり、ランパーンからは38kmの所にあります。これはタイで初めてかつ、唯一の象の訓練学校です。このセンターは世界で唯一の象の病院も併設しています。象のショーは毎日9:30と11:00にあります。土曜日、日曜日、祭日は追加公演があります。

ワン ケオ 滝(Wang Kaew Waterfall)Amphoe Wang Nua ---これはランパーンで一番美しい滝でワン ヌアにあります。町から130 km離れた所にあり、ワン ヌアからは36kmの所にあります。ここはとても便利な場所でどんなタイプの車でも行くことが可能です。

チェ ソン滝(Chae Son Waterfall)Amphoe Muang Pan---もう一つの美しい滝であるワン ケオ滝とは違った特徴を持っていて、水が7段階に流れ落ちていきます。水は散らばりませんが、垂直に落ちていきます。この滝の近くにはチェ ソン ホット スパがあります。


Worldwide Hotel Accommodation

カスタマーアシスタンス
タイのホテル予約 ノーチャージに透明な価格 Japanese.HotelThailand.com
人気の目的地