カンぺーン ペッ(Kamphaeng Phet)


基本情報

カンぺーン ペッの地図

位置・地形
カンぺーンペッは700年以上も経つ古代都市で、ピン川の川岸の左側に位置し、以前は「チャ カン ラオ」と「ナコン チュム」と呼ばれていました。カンぺーンペッは、カヌー ウォララックブリ、クロン クルン、クロン ラン、ラン クラブ、パンシラ トン、プラン クラタイ、サイ ンガムと2キングアンぺー、78タンボンの9つの地区と883の村に管理的に分割されています。カンぺーンペッの景気は一般的に高く満足しています。その経済開発成長率は平均して毎年9.4%です。
I
気候・ベストシーズン

交通
バス
バンコクの北バスターミナルからエアコンバスが1日4本、ノンエアコンバスが1日4本、約5時間半程です。スコータイからは新市街のバスターミナルから約1時間ほどです。ピッサヌロークからは、朝5時から夕方5時の間に1時間ごとに出ており、所要時間は約2時間ほどです。
バンコクからは毎日3便、タイ国際航空が運航しています。所要時間は55分。チェンマイからは毎日2便、約1時間55分掛かります。
飛行機
バンコクからはピッサヌロークまで、毎日3便、タイ国際航空が運航しています。所要時間は55分。そこからはバスで行きます。

観光ポイント

主な見所 国立公園  カンぺーンペッ遺跡公園

国立公園
メーウォン森林国立公園(Mae Wong National Park Mae Wong Forest)--- この公園は2カンぺーンペッとナコンサワンの2つの地方の共同の地区です。ナコンサワンにある森林はメー ウォン-メー ポエン森林と呼ばれています。カンぺーン ペッ側にある森林はクロンメーウォン森林-クロンクルン森林と呼ばれています。1987年9月14日に国立公園になったと発表されました。その公園の見所は、カン パーナン コイ(プラ ナン コイ小島)、ボ ナム ウン、(温泉)、チョンロム、(山のくぼみ)、メークラサ滝、メーキー滝、メーウォン滝、モ コ チョウ丘などがあります。

クロンラン国立公園(Khlong Lan National Park)--- この公園は、カンペーンペッの西、約42㎞に位置しています。アスファルトの道路が滝へと導いています。中規模の滝は、1年中流れています。滝の近くに、いくつかの山岳民族野村があり、その1つの村ではヤオ族、モン族、カレン族に会えるかも知れません。国定公園の設備については、国定公園部門、山林学部、Phahonyothin道(BANGKOK 10900)と連絡をとってください。

カオソン森林公園(Khao Son Forest Park)---この公園はカンペーンペッの西、タンボン コサンピに位置しています。この公園はカンペーンペッの自然の行楽地として開発された主要な観光名所です。

クロン ワン チャオ 国立公園---この国立公園はムアン地区に位置しています。公園には丘、滝、山、小川を含むそれらの自然美と存在の状態を探検する人のために純粋な森林の描写を持っています。
ワン チョンプー滝(Namtok Wang Chomphu)---この滝はカンぺーンペッ-ターク ルートに沿った町から30㎞離れた所に位置しています。この小さな滝は雨季に流れています。

プラルアン温泉(Phra Ruang Hot Spring)---この温泉の湯は多くの疾病を治療し、苦痛を取り除くことが出来る鉱泉であると信じられています。温泉はカンぺーンペッの管理所在地から約25km離れた所にあります。

カンぺーンペッ遺跡公園

主な見所 城壁内部 城壁北西部  城壁外

城壁内部
プラタート寺(Wat Phrathat)---これは、城壁内に置かれている2番目に大きな僧院でプラケオ寺の真東にあります。と赤レンガで作られたパゴダとどちら側にも門を持ち、砂岩の壁を持つビハラに囲まれて統轄されています。その構築は古典的なカンペーン ペッ様式です。

カーンぺーンペッ国立博物館(Kamphaengphet National Museum)---プラケオ寺の後ろに位置しているこの博物館は、1970年前半に公に開館されました。それは、タイの至る所から発掘された芸術作品や考古学的に重要なものを展示している上に、カンペーンペッやその近隣の地方の遺跡から発掘された考古学の前歴史上の遺物も含んでいます。

サーン プラ イスワン(The Siva Shrine)---この寺院の構造は1.5mの高い床と階段を備えた正方形の砂岩ベースです。カンぺーンペッ博物館に展示されているヒンドゥー教の神、、サーン プラ イスワンが祀られていました。ラマ5世の統治中に、カンペーンペッに来たドイツ人観光客がこっそりとこのシヴァ神像の頭と手を切り取り、バンコクへそれを持っていってしまいました。カンペーンペットの統治者は、その出来事をバンコクに通知し、H.M王が.頭と手を戻すように要請しました。複製を代用としてドイツに与えられ、それは現在、ベルリンの博物館に展示されているそうです。

城壁北西部
プラノン寺(Wat Phra Non)--- プラノン寺は4つのラテライトの壁を備えた仏教徒寺院として改築されました。その寺院内には、正方形に形作られた井戸とお手洗いがあります。基盤と柱がラテライトで作られているその寺院は、「セマ」と呼ばれる境界石を持っており、タイの挨拶作法と他の繊細な設計で彫刻をされました。また、寺院内には巨大な寝釈迦像が安置されていました。最近ではこの建築様式はめったに見られなくなりました。

プラシーイリヤボット寺(Wat Phra Si Ariyabot)---この僧院は「プラユエン寺」と地元では呼ばれていました。それは大きな池に面しています。この寺院の壁には遊行仏像、立仏像、寝釈迦像、坐仏像の4つの姿勢の仏像が装飾されていました。

チャンロップ寺(Wat Chang Rop)---これは庭の中心に大きなパゴダがある、丘の上にある大きな寺院です。パゴダは、68頭の体が半分になった象の像にに支えられています。この僧院は砂岩で出来ています。

城壁外
アワット ヤーイ寺(Wat Awat Yai)---たくさんのパゴダと仏教寺院から成る大規模の建設計画を持った僧院は、サパン コム ゲートの約3キロメーター北のアンぺー プラン クラタイに位置しています。僧院の壁は砂岩と、その庭には、大きな八角形のパゴダがあります。道路側の僧院の前には、「ボーサム セーン」と呼ばれる砂石の床に彫られた大きな正方形の池があります。

ムアン ナコン チャム(Muang Nakhon Chum)---ピン川の東岸に置かれた古代の町です。その高さ2~3mの土製の壁はピン川の東から西へと平行な長方形の形に建造されました。腸壁内にはいくつかの古い仏教徒僧院があります。

プラ ボロマタート寺(Wat Phra Borommathat Chediyaram)---この仏教徒僧院は、ピン川の西岸に置かれていて、ナコン チュムの町の中心にあります。寺院内には、ビルマ様式のチェディがあります。スコータイとアユタヤ王朝期の多数の青銅製の仏像は南に位置していた寺内で発見されました。独自の建築様式のチェディは「パム カオ ビン」と呼ばれていたスコータイ期の伝統的な建築様式であると仮定されました。現在の様式は100年前にいたビルマの百万長者によって復元された結果であります。


Worldwide Hotel Accommodation

カスタマーアシスタンス
タイのホテル予約 ノーチャージに透明な価格 Japanese.HotelThailand.com
人気の目的地