チェンライ(Chiangrai)


 

基本情報

チェンライの地図

位置・地形
チェンライの北には,ミャンマーの国境があり、また、北と東北部にはラオスの国境があります。チェンライからバンコクまではおおよそ、829キロメートルの距離です。チェンライは1262年にメンライ王によって樹立され、13世紀に栄えたランナー王朝の最初の首都でした。この地区には山岳民族や清々しい山景で有名なタイ最北端のメーサイも含まれます。また、タイ、ミャンマー、ラオスの国境が集中している地域はゴールデントライアングルという名で知られています。

気候・ベストシーズン
タイ北部の気候は、モンスーンによって特徴づけられます。熱帯ではありますがタイの他の地域よりも涼しく、湿度も高くありません。12月から1月はとても寒くなりますが比較的、1年中快適に過ごせます。

交通手段
飛行機
バンコクからはタイ国際航空から毎日、3便出ています。所要時間は1時間20分。チェンマイからは毎日2便、所要時間は30分です。
バス
バンコク新北バスターミナルから所要時間は約13時間。チェンマイアーケード(バスターミナル)からの直行バスは約3時間。旧道(ランパーン、プレー経由)を使い約7時間掛けていくバスもあります。こちらは、チェンマイ ランプーン通りのナラワット橋付近より出発。

観光ポイント

主な見所   記念碑・その他 市外の観光ポイント

ホテル チェンライのホテル


プラタートドイトーン寺(Wat PhraThat Doi Thong)
この古代の丘の頂上パゴダはメーコック川を見下ろし、ランナー王朝の首都として設立されたチェンライに先行して建てられました。このお寺には小さめのランナータイ様式のチェディが2基並んでいて、そこには仏舎利が納められています。

プラシン寺(Wat Phra Sing)
この寺院はシンクライ通りにあり、ランナータイ様式の宗教建築の素晴らしいお寺です。チェンマイのプラシン寺にある物とそっくりな仏像が置かれている。また、チェンマイのプラシンは寺以前ははここに安置されていました。

プラケオ寺(Wat Phra Kaew)
プラシン寺の後ろに位置している、この寺院は現在、バンコクのプラケオ寺に安置されているエメラルドブッダが納められていたオリジナルの場所だったと言われています。

記念碑・その他
メンラーイ王の像(King Meng Rai the Great Monument)
この像はメーチャンへ続く北部道のそばの都市周辺に置かれ、1262年にチェンライを建国したメンラーイ王に対する尊敬の念を表した記念碑です。

クー プラチャオ メンラーイ(Ku Phra Chao Meng Rai)
ンガムムアンの小さな丘の上にある、ンガム寺に置かれているこの仏舎利塔はメンラーイ王の遺灰や遺骨が納められています。

ミェファールアン植物園(Mae Fah Luang Garden)
近隣の各地から多くの原生種や珍しい自生植物を集め、特にタイの高山や中国、ビルマの高山地帯に自生するクラーブバンピー樹、王母陛下は赤い花を好まれたので、特に赤の品種が多く集められました。この植物園には山の中腹に遊歩道があり、ピクニック用の広場や休憩のためのサーラー(亭)、景色を眺めるバルコニーなどが設置されています。バルコニーからはメコン川やビルマ、ラオスの山々も眺められます。また、ナームプラタイという泉があり、思いやりの泉と呼ばれています。

市外の観光ポイント

主な見所 メーファールアン メーサイ  チェンセーン

メーファールアン
ドイメーサロン(Doi Mae Salong)
メーチャンから40㎞ほど離れた所に位置し、1940年に、中国の国民党兵士の子孫であったサンティキリがタイに逃れてきて定住した故郷でありました。山腹にはコーヒー農園や果樹園が異なった風景よさを見せてくれます。そのエリアは、12月と1月になるとタイの桜の木がとくに花を咲かせてまるで絵のような光景が見られます。宿泊施設、レストラン、乗馬やトレッキングなど、たくさんのアトラクションが楽しめます。

ドイトゥン(Doi Tung)
はドイトゥン御殿、メーファールアン植物園、山頂のプラタート寺などのいくつかの景色がみられ、周辺には有名な山岳民族の村があります。

メーサイ
メーサイ (Mae Sai)
この国境の町はメーサイ川を横切ってミャンマーに面し、チェンライ北に位置しています。たくさんのタイ、ビルマ、中国産の品物を売る店が出店していて、人気があります。

パチョム洞窟(Tham Pha Chom)
メーサイの西の2.5キロメートルの所に位置する、この洞窟は、美しい鐘乳石と瞑想場所として有名です。

チェンセーン
チェンセーン国立博物館(Chiang Saen National Museum)
この小さな博物館は、チェンセーン様式のブッダ像や、ランナータイ様式の加工品を含む工芸品などが展示されています。博物館は祭日を除く、水曜日から日曜日の午前9.00から午後4.00まで開館しています。

プラタートチェディルアン寺(Wat Phra That Chedi Luang)
博物館の隣りにある、、高さ88メートルのれんがつくりの古代の仏塔は、チェンライで最も背の高い神聖な記念碑です。

ゴールデントライアングル(The Golden Triangle)
チェンセーンの北約8㎞のこの川岸の地域は、タイ、ミャンマー、ラオスの国境が集中している場所です。


Worldwide Hotel Accommodation

カスタマーアシスタンス
タイのホテル予約 ノーチャージに透明な価格 Japanese.HotelThailand.com
人気の目的地