パタヤ・チョンブリ(Pattaya/Chonburi)



基本情報

パタヤ・チョンブリの地図

位置・地形
パタヤは、バンコクから147キロメーター南東にあります。そして、タイ湾に面しており、パタヤはアジアの代表的なビーチリゾートです。以前は静かな漁村でしたが、1960年代に、ベトナム戦争帰休アメリか兵の受け入れ娯楽地として、ホテルやレストランなどを始めとして開発され、現在のように、世界各国の観光客が訪れます。ビーチリゾートして対で最も長い歴史を持つ派タヤの魅力は、バンコクから気軽に行ける距離に位置しながら、さらに、ゆたかな自然のなか、マリンスポーツはもちろん、テニスやゴルフ、グルメ、ショッピング、ナイトライフと多彩な遊び方が出来る所です。

気候
チョンブリ(パタヤ)は乾期(11月~3月)、暑期(4月~5月)、雨期(6月~10月)に分けられます。乾期は、摂氏20~30度、湿度50%平均で、マンゴーレインと呼ばれる短い雨が降ることがありますが、この季節が最も観光に適しています。暑期は、湿度が上がり、気温も30~40度になります。雨期になると、気温は25度~35度と暑期よりは下がりますが、スコールに見舞われることが多く、湿度が更に上昇します。

交通
バス バンコクの東バスターミナル(エカマイ)からエアコンバスで約2時間半、普通バスでは約3~5時間、それぞれ約30分間隔で出ています。また、北バスターミナル(モーチット)からも約30分間隔で出ています。
ドンムアン空港 タイ国際航空のリムジンバスが1日に3便(9:00、12:00、19:00)出ています。パタヤからドンムアン空港へも1日3便(6:30、14:00、18:30)出ています。
鉄道 バンコクのファランポーン駅から1日に1便でていて、約3時間30分掛かります。

観光ポイント


主な見所 島・ビーチ  公園・動物園  その他  イベント

ホテル パタヤのホテルリスト

島・ビーチ
ラン島(Koh Larn)
パタヤから遊覧船で45分、沖合い10kmに浮かぶラン島は、輝く白い砂と珊瑚礁に包まれた美しい島です。ラン島とはタイ語で「禿の島」というそうですが、実際は豊かなやしの木に覆われた緑の島です。白い砂浜と青く澄んだ海とのコントラストの中、マリンスポーツを楽しむことが出来ますが最近はツアー客の増加とマリンスポーツも過密気味なのでぶつからないよう十分に注意してください。また、島に渡る遊覧船は、船底から海中が覗けるグラスボトムボートがお勧めです。極彩色の珊瑚礁や、熱帯魚の天然水族館を楽しめます。

サック島(Koh Sak)
サック島はパタヤ海峡西から約10km、又ラン島から600m離れた所に位置しています。サック島は馬の蹄鉄のような形をした、0.05平方kmの面積を持つ、もう1つの小さな島です。この島には2つの海岸があり、1つは北側の250mの長さで、いつも観光客がボートを止めて泳いでいます。もう1つは、島の南側にあり、2つのビーチをつないでいる小道があり、その小さなビーチは約80mの長さです。珊瑚礁はこのビーチの前方の地域で見られます。さらに、スキンダイビングもまた、この近辺ですることが可能です。

パタヤビーチ(PattayaBeach)
パタヤビーチは、南北に約4km続くパタヤのメインビーチ。マリンスポーツが盛んで、パラセイリング、バナナボート、ジェットスキーなどを楽しむことが出来ます。ビーチ沿いのパタヤファースト通りは、ノース パタヤからサウス パタヤまで約3km続いています。通りには、シーフード中心のレストランが並び、新鮮な海老やカニが食欲をそそります。パタヤファースト通りの南側、サウスパタヤの夜はネオン煌く、大繁華街です。パタヤファースト通りの更に陸側を走る通りがパタヤセカンド通り。この通り沿いは、リーズナブルなホテルやレストラン、土産店などが並んでいます。

ジョムティエンビーチ(Jomtien Beach)
パタヤからソンテウで約15分ほど南へ行くと、象げ色に輝く砂浜と青く澄んだ海のジョムティエンビーチがあります。そこは、少し丘を越えただけとは思えない程、パタヤビーチとは異なり落ち着いた雰囲気ののビーチです。南北に約5km続くビーチの北側には、近代的な大小のホテルが点在し、マリンスポーツが盛んです。自然のリズムの中で優雅な時を過ごすのなら静かな南側がお勧めです。

公園・動物園

パタヤウォーターパーク(Pattaya Water Park)
.パタヤウォーターパークは、ジョムティエンビーチのにある、タッパラヤロードにあります。この公園にはジャクジーや巨大なスライダーなどがある、遊園地です。家族全員で楽しめる、理想的な遊園地です。

シリポン ラン園(Siriporn Orchid Farm)
パタヤの中心部から800m離れた、ノエン プル ワン にこの農場はあります。農場にはカトレヤ、バンダ、デードロビューム、エスコサンダ、ポンパドールのようなランの広い配列を栽培しています。この農場では切り花あるいは鉢植を購入することができます。

ストーンパーク&クロコダイルファーム(The Million Years Stone Park And Pattaya Crocodile Farmis)
数え切れないほどのわにを養殖しており、飼育係対ワニのパフォーマンスを楽しむことが出来ます。敷地内には、珍しいどうす津を集めたミニ動物園や、100万年以上も前の化石樹、不思議な形の岩などが配された庭園もあります。

ノンヌッビレッジ(Nong Nouoch Village)
パタヤから南へ15km、車で20分程の所にある広大な公園。椰子の木やパイナップルの木が茂った約243haの園内には、ラン園、サボテン園、動物園、鳥園、美術館などが点在しています。タイの古典舞踊や象のショーがあり、タイの文化と自然を満喫するう事が出来ます。

シーラチャ トラ園(Sriracha Tiger Zoo)
パタヤの北東約30kmに位置し、トラが自然に生活している、シーラチャタイガーズーは、世界一の規模。トラを見るだけではなく、赤ちゃんトラを抱き上げてミルクをあげたり、一緒に写真を撮ることも出来ます。アトラクションもトラのショーをはじめ、ブタのレース、わにと人間のレスリングなどが豊富。

その他
エレファントクラール(Elephant kraal)
パタヤのビーチロードから車で10分ほどの所にタイで古くから貴重な労働力として使われてきた象ショーを見せてくれるエレファントクラールがあります。象たちがユーモラスなショーを繰り広げ、象と飼い主との深い信頼関係に感動させられます。

ミニサイアム(Mini Siam)
庭園には、バンコクの応急をはじめ、タイ全土に現存する80もの建物や有名な遺跡と、エッフェル塔や、自由の女神など世界各国の有名な建造物を25分の1のスケールで再現しています。特にライトアップは必見です。また、ここでは民族舞踊のショーやミニ ゴーカートを楽しむことが出来ます。

チャクラッポン洞窟(Chakrapong Cave)
チャクラッポン洞穴にはブッダの像が安置されています。さらに丘の頂上に登って、そこから島の風景を見るために、丘の頂上までの登っていけるように管が通っています。
カオプラバート寺(Wat khao Phra Bat)
パタヤビーチの南、ソンテウで5分ほどの小高い丘の上にある寺院。境内からは数対の仏像越しにパタヤビーチを一望することが出来ます。また、近くのラマ9世公園にはプラ ヤイと呼ばれる大きな金色の大仏があります。

ヤンサンワララーム寺(Wat Yansangwararam)
パタヤから約12kmほど南にあるヤンサンワララーム寺はラマ9世プーミポン国王に献上された王室寺院です。建物はモダンでユニークなタイ建築様式をしており、静かで風光明媚な境内はまるで絵画のようです。敷地内の丘の斜面に描かれた高さ150mの仏像は壮大です。

イベント
パタヤフェスティバル(Pattaya Festival)
4月中旬に開催されるこのお祭りでは、美しい花々で飾り付けされた山車が路上をパレードし、ミスパタヤの選考会や、マリンスポーツの大会が行われます。また、夜は海上花火大会が開催され、パタヤビーチを美しく染めます。

パタヤマラソン(Pattaya Marathon)
毎年7月には、国際級の選手も参加する派タヤマラソンが行われています。レースは、幅広い層の選手が参加できるように、フルマラソン(42.195km)、ハーフマラソン(21.100km)、クウォーターマラソン(1.550km)の3種目が用意されています。3種ともパタヤファースト通りにスタート、ゴールが設けられているため、参加選手は澄み切った青空の下、海からの潮風を受け、自然を全身で感じながらレースを楽しむことが出来ます。

チャンタブリフルーツフェア(Chanthaburi Fruits Fair)
ランブータン、マンゴスチン、ドリアンなどのフルーツの産地として、又宝石の産地としても有名なチャンタブリでは、フルーツが最も熟す5月に豊作を祝ってフルーツフェアが行われます。色鮮やかなフルーツと花で飾られた山車のパレードが見ものです。


Worldwide Hotel Accommodation

カスタマーアシスタンス
タイのホテル予約 ノーチャージに透明な価格 Japanese.HotelThailand.com
人気の目的地